熱海海上花火大会

熱海と言うのは、伊豆半島の玄関口でもある伊東よりも東京寄りに位置している場所です。
熱海は、温泉地でもあり、多くの温泉旅館や温泉施設が在るのが特徴です。
また、熱海からは伊豆大島方面への船便もあり、高速船などを使えば短時間で伊豆大島に行くことが出来るスポットでもあるのです。

熱海には1年に数回熱海海上花火大会が開催されています。
花火大会と言うと、夏と言うイメージが強いのですが、熱海海上花火大会は、春、夏、秋、冬と四季折々の花火を楽しめるのです。

忘年会シーズンになると、忘年熱海海上花火大会が開催されます。
これは2014年度の開催予定の中では、12月7日(日)、12月14日(日)、そして12月23日(火)の計3回になっています。
夏などの花火綺麗なのですが、この時期に開催される花火は、ウィンターと言う季節でもあり、空気が澄んでいますので花火の色がすっきりしていると言う特徴があるのです。
空気が澄んでいると言うのがウィンター時期の花火のメリットでもあり、夏とは違った花火を見ることが出来るわけです。

尚、この花火大会が開催されるのは、熱海港から7.5メートルの岸壁から釣り施設であり、観覧場所はサンビーチ海水浴場から熱海港まで海岸線一帯となっています。